HOME > 製品紹介 > バランスゲージ

製品紹介

バランスゲージ

自動車修理の仕上がり寸法の確認が簡単にできる2点間距離測定器(フレーム測定器)です。

アンダーボデー測定、ねじれ計測、ストラットアッパー取り付け位置の左右差、ヘッドライト、その他ピラーやテールランプ位置、ルーフ左右差などバランスゲージの届くところであれば全て測定可能です

車両の起点のボルトにマグネットキャップを取付けます。そこにバランスゲージ(コンパス)先端のボールポイント(球状)を吸着(磁力)させると、全ての角度で基準点がズレずに測定できます。ボディーのホールからも測定可能です。

従来のトラッキングゲージ等の計測器では、フロントフェンダー等を外さないと測定箇所に届かず測定できないところもありましたが、バランスゲージは測定できます。

損傷のないボディーの左右の起点からフロントガラスや車内フロアーセンターにマスキングテープを貼りケガキ線が描けるようにします。左右の起点から同距離の円を描き、交差する点がセンターポイントになります。センターポイントから損傷部の左右前後を測定して損傷誤差を測れます。

バランスゲージ(コンパス)の先端部はボールポイント(球状)とニードル(針状)となっていて、且つ240度前後屈曲し回転するのであらゆる個所を捉えることができます。

  • 先端部はボールポイント(球状)とニードル( 針状)となっていて、且つ240 度前後屈曲し回転するのであらゆる個所を捉えることができます。

  • 先端部受け部には非対称の個所を計測する場合に30 度ずづの目盛りで360 度回転させて左右同じ条件で測定ができます。

  • 付属品の専用メジャー先端のマグネットポイントにバランスゲージのボールポイントを吸着させて2点間を正確に測定できます。

  • ベルト・プレート・メジャーのマグネットポイントを固定して自由自在な角度で可動できます。

障害物を迂回できるため様々なケースでの2点間の距離を簡単に測定『BALANCE GAUGE』は、自動車事故の修理前の損傷確認、修理中・修理後の仕上がり確認に必要となる画期的な2点間距離計測器です。(フレーム測定器)

コンパス型の形状により、車両のセンターライン上に計測用の点を作り、センターから左右の損傷バランスを測る計測方法となっております。

またセンターからの計測以外にも、従来のトラッキングゲージ等の計測器では、フロントフェンダーを外さないと測定箇所に届かず測定できないところも測定できます。

国内特許取得済・国際特許(PCT)出願済

バランスゲージでエイミング作業を時間短縮できます。

①ボディー計測(車体センターラインのずれがないか確認(フレーム測定)
②車両センターポールを立て2カ所をレーザー照射してセンター出し。
  • お電話でお問合せ
  • メールでお問合せ
代行サービス

オルタライフでは、中古整備品の買取り・販売だけでなく、整備工場へのリフト設置や認証取得・消防申請などの代行も行っております。

  • リフトの設置代行はこちら
  • 認証取得・消防申請の代行はこちら
ご用聞きシート

お客様のご要望を教えてください。ご希望のあった製品をご案内いたします。詳細を記入の上、メールまたはFAXにてお送りください。

ご用聞きシート
施工・設置例

オルタライフで施工設置した事例をご紹介いたします。

施工・設置例
買取査定はこちら

製品の買取りをご希望の方は、「買取商品査定表」(PDF)をプリントアウト、ご記入の上、メールまたはFAXでお送り下さい。

買取商品査定表
ガレージライフ

オルタライフであなたのガレージライフのお手伝いをさせていただきます。

ガレージライフ
Facebook
スタッフブログ
Go To Top